Q.1-2 日本に帰国する際、フィリピン出国前にどのような準備しておく必要がありますか?

フィリピンから再入国・帰国するすべての入国者は、下記の手続きが必要です。

 

 【出国前のPCR検査に関して】

2022年9月7日以降、新型コロナウィルスワクチンを3回以上接種している方は、以下の手続きが不要になりました。

 

以下は、3回以上接種してない方のみ参考にしてください。

1.搭乗予定航空便の出発時刻前72時間以内にPCR検査を受け、「陰性」であることを証明する所定フォーマットの「検査証明書」を取得する。

 ※ドゥマゲッティでは、ACEホスピタル付近の広場が検査会場になっています。会場までは当校から車で5-7分で当校スタッフが同行します。

 ※検査終了の24時間後に登録したメールアドレスに検査結果が送られてきます。

 

2.検査会場ではQRコードの読込が必要になりますので、Wi-Fiがない場所でもスマホが利用できるように準備しておく(フィリピン入国時にSIMを購入される方が多いです)。

 

3.入力に必要なパスポート、接種日が分かるワクチン接種証明書、帰国時の航空券情報(国際線の出発の日時と便名)を準備しておく。いずれの情報もスマホより紙での情報をお勧めします(スマホだと画面切り替えが必要のため)。

 ※スマホ入力が苦手な方は、同伴の当校スタッフが代行します。

 

【(陰性)検査証明書取得以降日本入国まで】

1. 新型コロナウィルスワクチン接種証明書(3回接種を受けていない方は、検査終了24時間後に送付された陰性証明書)の提示があれば、日本に入国できます。ただし、日本入国に際して空港に設置されているPCへの入力や書類への記入が必要になります。

 ※PC操作に不慣れな方は、空港スタッフのアシストを受けることができます。

 

2. 上記の手続きを省略したい方は、入国前にWeb上で検疫手続きを行うことができるファストトラック(FAST TRACK)を利用することで、入国時の検疫手続きを簡略化することができます。

=日本に入国する前に、アプリ上で検疫手続きの一部を事前に済ませることで、到着空港(成田国際空港/羽田国際空港/中部国際空港/関西国際空港/福岡空港に限る)での検疫書面などの確認が原則不要となるため、時間の短縮ができます。

 

詳しくは↓

検疫の入国前WEB手続き「ファストトラック」~ ウェブサイトリニューアルとアプリの新機能追加のお知らせ~|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

 

元の「Q&A」リストに戻る ➡