q.31 通学して授業だけ受けることは可能ですか?

 

外国籍(特にフィリピン国籍)をお持ちの方に限り一部受け入れをしています。なぜなら、このような方はたいてい現地に安心して滞在できる家族や親せきの家があるからです。

現時点で安心してステイできる家はないが、現地でアパートをを借りて、そこから通学を検討する方がいらっしゃいますが(以前はそのような方の受け入れもしていましたが)、ほぼ100%失敗されています。なぜかというと、日本人がフィリピンでいきなり住むということのハードルがとても高いからです。

【ハードルの例】

✔日本に比べて、建物のクオリティが低い(雨漏り、悪臭、隣室の騒音)

✔故障や不具合をオーナーに訴えても対応してくれない

✔街中のバイク・トライシクルの騒音がひどい(特に道沿い)

✔日本人の口にあう食材を調達するのが難しい

✔格安で借りるアパートは安全性が確保されておらず、盗難など治安上の問題が起こりやすい

✔契約期間が通常1年、交渉しても最短で6か月(上記の問題があって途中で出ても返金なし)

 

無事住始めたはいいけれど、これら予想外のトラブル対応に追われ疲れ切ってしまって、契約途中で帰国されるケースをいくつも見てきました。当校の校長夫妻も最初ブルバード沿いのアパートに住みましたが、雨漏りがひどく(ベッドまで濡らすほど)、何度修理を頼んでも改善されなかったので、やむなく残りの契約期間分を諦めて退出しています。日本と同じ感覚で、アパートを借りると痛い目にあいます。

 

では、ホテル住まいはどうでしょうか。コロナ前は1泊1000円ほどで泊まれるバジェットホテルもありましたが、最近は、バジェットの小さなワンルームで1日2500円(月4~5万円はします。それに食事代を加えたら、滞在費だけでゆうに10万円は超えてしまいます。

 

このように「通学」して語学学校に通うと発想は、よほど腰を落ち着けて長期(最低でも1年)を予定していない限り、労多くして益なしといった状況です。安全性と快適性にお金をかけることの大切さにいま一度思いを馳せ、とりあえず、慣れるまで最初のうちは、安全性と快適性が確保された学校寮でのステイをおススメします。

 

元の「Q&A」リストに戻る ➡