■ ウィルの教育はココがスゴイ! ■

◆倍率30倍を突破した優秀な教師


ハードルが高くて有名、ウィルの教師採用

当校では、教師の質は「いい教育」の要であるとの考えから、厳しい選考基準(英語力、発音、教育的情熱、知性、人柄)をクリアできた教師のみを採用しています。

採用倍率は、まさかの約30倍

 

その厳しさは、セブの教師間でも話題になるほど。

一昨年、セブで閉校した英語学校の教師が7名、当校の採用試験にチャレンジしましたが、全員不合格でした。 

 

生徒のフィードバックで教師たちは日々バージョンアップ

教育の品質を維持するため、継続雇用にも厳しい評価を行っています。

生徒全員に留学終了時に教師の授業態度などを評価するアンケートに答えていただき、その結果をもとに教師の指導を徹底しています。

 

このため、ウィルの教師は全員情熱をもって教育にあたる先生ばかりです。

嬉しいことに、留学の最後にはほぼ全員が「どの先生も本当に素晴らしかった!」と言ってくださいます。

 

◆レッスンはすべてマンツーマン

オールマンツーマンで最速のステップアップ

個室でやるから集中力が違う

当校では、教師が各生徒の個室に訪問してレッスンを行う「ボーディング方式」を採用

これによりレッスンはすべて自分のお部屋で受けていただけます。

 

他の多くの学校では、パーティションで区切られただけの大教室やレッスン専用のミニミニ個室を使っていますが、この方法ではどうしても隣りのレッスンの声が気になってしまいます。

この点、ウィルの「ボーディング方式」は、学習への集中力の点で格段に優れています。

 

教室間移動の手間もなく、ゆったり快適

この方式の採用により、静かな環境で学習に集中できるだけでなく、ぎりぎりまでご自身の部屋で次のレッスンの準備をしたり休憩していただけます。

ウィル独自の”個室×オールマンツーマン”はとても好評で、最高レベルの費用対効果を実感していただます。

◆進化し続けるオリジナル教材

教育経験&生徒のフィードバックによる貴重な「発見」

当校では、これまでの教育経験生徒からのフィードバックをもとに独自にテキストを作成、編集、改訂し、常にベストな教材をご提供できるよう努めています。

 

オリジナルにこだわる理由は2つあります。 

1つは、既存の英語版テキストは日本人にとって必ずしも学びやすい構成・内容でないからです。

 

そこで、ウィルでは例えば、Readingテキストはこれまでの留学生の間で評判よかった記事を中心に構成、また、Grammar & Writingテキストでは、英語の文法用語と日本語の文法用語が紐づけやすいよう工夫するなど、学習しやすい構成・内容のテキストを作成しています。

 

もう1つは、これまでの教育経験から、日本人が最も苦手とするスピーキング力を上げるには、ただ話すだけではNG、一見回り道のようでも「土台作り」をする必要があることがわかってきたためです。

 

そして、この「土台作り」に欠かせない力は、特に「構文力」「語彙力」「発音力」の3つ

しかも、これらのテキストが着実にステップアップできるように体系的に構成されている必要があります。

 

貴重な「発見」を元に、進化を続けるテキスト

このように当校では、これら長年の教育経験と生徒のフィードバックから得た貴重な「発見」を最大限活かすために、オリジナルにこだわっています。

 

必修3科目のテキスト(「Grammar & Writing」、「Vocabulary」、「Pronunciation」)はもちろんのこと、他の選択科目においても留学生がステップアップしやすいように編集されています。

これにより、生徒は予習・復習がしやすくなり、帰国後も学習が継続できるなど英語力の蓄積・向上が可能になったと好評です。

 

また、一度作成したテキストについても、常にベストな教材で学習していただけるよう、広く内外の教材へのリサーチを怠らず、コンテンツの追加、編集、改訂などを行い、教材の「進化」に努めています。

 

2018年1月、「テキスト進化プロジェクト」が完了!

実は、この度(2017年6月~2018年1月)、ウィルでは「テキスト進化プロジェクト」を敢行

長年蓄積してきた全教材のコンテンツをすべて洗い直し、大々的な改訂、再編を行い、必要な箇所には新しい教材を追加しました。

 

 これにより当校開校以来の知恵と英知を結集し、一段と進化したテキストで学習していただくことが可能になりました。 

ウィル設立以来の教育経験と生徒のフィードバックを活かして作成したウィル渾身のオリジナルテキスト
ウィル設立以来の教育経験と生徒のフィードバックを活かして作成したウィル渾身のオリジナルテキスト

◆教育歴の長いネイティブ講師も

ネイティブ講師のレッスンもマンツーマン!

ドゥマゲティは、欧米人の間で人気の移住先です( Yahoo! Finance 「世界で住んでみたい街ランキング」で世界で第5位、フィリピンで第1位 )。

そのためこの街で一番歴史が長く知名度の高いウィルには英語ネイティブも多数応募、優秀な英語ネイティブ教師を雇用しています。

そのうちの一人(D先生)は、マレーシアの最大手英語学校で17年間勤務、マネージャーも務めた大ベテランです。

 

通常、ネイティブ講師はグループレッスンを担当することがほとんどですが、ウィルではこのようなベテランネイティブ講師からもマンツーマンレッスンを受けることができます

この点も当校独自の強みになっています。